Acethinker menu

AceThinker Mobile Mirrorの使い方

AceThinker Mobile Mirrorは、AndroidやiPhoneの画面をPCにストリーミングするためのソフトウェアです。AndroidユーザーがPCのキーボードとマウスを使用しながらでもお使いいただけます。PCとスマートフォンの間でメディアファイルを保存したり、PDF、PPTだけでなく、コンピュータの大画面でパートナーや同僚と他のドキュメントを表示したり、キーボードとマウスを使ってメッセージを送信したり、Androidゲームをプレイしたりすることが可能になります。主な使用方法は以下の手順になります。

Navigation of Contents

iOSまたはAndroidデバイスをコンピュータに接続

MacまたはWindowsにアプリをダウンロードします。アプリをインストールして開きます。

iPhoneとiPadの場合::

  • PCとiPhoneを1台のWiFi(ワイヤレスネットワーク)に接続します。
  • iPadまたはiPhoneにAceThinker Screen Mirrorアプリケーションをダウンロードします。
  • 下のミラーボタンをクリックして、アプリがシステムを識別できるようにしてから、お使いのコンピュータの名前をクリックします。
  • 自分のiPhoneでコントロールセンターに移動します。iOS 11を使用している場合、「画面のミラーリング」をクリックしてから、「Apowersoft」として表示される名前を選択します。iOS 10を使用している場合は、「AirPlayミラーリング」をクリックして、「Apowersoft」として表示される名前を選択します。

Android端末の場合::

USB経由::

usb connect

  • USBデバッグがオンになっていることを確認してください。
  • USBケーブルを介してコンピュータにデバイスを接続します。USBデバッグを有効にすることを要求するオプションがある場合は、スマートフォンを見て、「常にこのコンピュータから許可する」を選択し、「OK」をクリックするとアプリがAndroidデバイスにインストールされます。デバイスによっては、アプリを手動でインストール頂く必要があります。
  • Android端末でアプリを起動します。通知が表示され、「START NOW」をクリックすると、PC上でAndroidの画面を表示可能です。

WiFi経由::

  • PCとAndroidデバイスを1つのワイヤレスネットワークに接続します。
  • AndroidにダウンロードしたAceThinker Screen Mirrorアプリケーションを入手してください。
  • Android端末でアプリケーションを起動します。ミラーのようなアイコンをクリックして、利用可能なデバイスを検索します。「Apowersoft」で始まるコンピュータを選択します。「START NOW」をクリックすると、Androidの画面がパソコンにミラーリングされます。
  • 注:通知画面で「二度と表示しない」にチェックを入れて、毎回タップしないようにすることができます。

    iPhoneとAndroidの画面を接続する

    1. ミラースクリーン

    AceThinker Screen Mirrorアプリケーションは、iOSデバイスとAndroidデバイスの両方に対応しており、3つのデバイスからのコンテンツをコンピュータに表示可能です。コンピュータとスマートフォンが適切に接続されていることを確認してください。

    mirror feature

    注: 「オプション」>「ディスプレイ設定」でAirplayの解像度を変更することができます。Androidデバイスのユーザーは、AceThinker Screen Mirror Androidアプリケーションから解像度を変更する必要があります。

    2. スクリーンを録画する

    AirPlayサービスを搭載したiPhoneについては、WiFi経由でデスクトップ上の同アプリに正常に接続すると、アプリの右側に位置する「録画開始」をクリックするか、キーボードのCtrl+Rを明示的に使用することで、オーディオと一緒にすべてのモバイル操作を簡単に行うことができます。Androidスマートフォンの場合、画面録画はWiFiとUSBを介して行うことができます。お使いのコンピュータでアンドロイドオーディオを録音したり、ストリーミングしたい場合、Google HomeやChromecastを使用し、スマートフォンの画面をワイヤレスでAceThinker Screen Mirrorにキャストする必要があります。ただ、AceThinker Screen Mirrorのみでは、アンドロイドオーディオをストリーミングすることはできません。

    注:Windowsの場合、録画する前に「オプション」>「キャプチャー設定」にアクセスして、出力ディレクトリ、ビデオフォーマット、オーディオ入力、またはビデオ品質を選択する必要があります。このアプリは、適切な設定を使用して、コンピュータやスマートフォンからのサウンド、さらにコンピュータのマイクからも録音可能です。Ctrlと+/-を同時に押すことで、音量を調整することができます。

    3. スクリーンショットをキャプチャ

    AceThinker Screen Mirrorは、ストレスなくスマホのスクリーンショットを作成することができます。お使いのスマートフォンをターゲットとする画面に向けて、右にある「スクリーンショット」アイコンをクリックするか、Ctrl+Qを使用するだけで、スクリーンショットを作成できます。

    4. スクリーンに描く

    プレゼンの際には、ホワイトボード機能を活用すると良いでしょう。スマートフォンの画面とPCを接続した後、任意の部分を強調するためにマークをつけたり、線を引いたりすることができます。ホワイトボードに線を引くと、カーソルがペンに変化します。任意の形を描きたい場合は、マウスをその方向にドラッグさせます。ホワイトボード機能をクリックすると、3つのボタンが表示されます。色を変更したい場合は1つ目をクリックしてください。2つ目をクリックすると、最後の操作を元に戻すことができます。3つ目をクリックすると、過去に作成した図面をすべてクリアできます。

    Android専用機能

    1. PCからAndroidを操作する

    AceThinker Mobile Mirrorは、Androidバージョン5. 0以上のデバイスをパソコンからキーボードとマウスを使い操作可能です。また、3台のAndroidデバイスを同時に操作することも可能です。初めてAceThinker Screen MirrorをPC経由でAndroid上で操作したい場合、PCとスマートフォンをUSBで接続する必要があります。その後、Wi-Fi接続でも同様の操作が可能です。もし、「PCからの制御モードが有効になっていません」というポップアップが表示された場合は、PCとスマートフォンをUSBで接続してください。

    注:スマートフォンを再起動した場合、アンドロイドからPCへの制御許可は自動的に無効になるようになっています。その場合、再び接続を確立するためのUSBケーブルが必要になります。

    2. ゲームキーボード

    「ゲームキーボード」オプションを使えば、PC上でモバイルゲームをプレイすることができます。Androidエミュレータと同じように、キーボードを使ってPCでPUBGモバイルをプレイすることが可能です。アイコンをターゲットや方向制御セクションに移動し、重要なマッピングを編集した後、キーをタップしてアクションを実行できます。キーは自分の好きなように設定し、モバイルゲームをプレイすることができます。

    注: 円のサイズを好きなサイズに調節可能です。ボタンの範囲がジョイスティックと被っている場合、スクリーンの開いている部分に移動可能です。

    3. テキストメッセージを送信

    Wi-Fi接続が完了したら、キーボードとマウスを使ってWhatsAppやSMS、その他のソーシャルネットワークプラットフォームでメッセージを送信することができます。コンピュータの入力方法を変更して、適切な言語を使用できるようにすることができます。さらに、コンピュータからCtrl + CとCtrl + Vを使用してお使いのスマートフォンに直接内容をコピーペーストすることも可能です。

    4. 通知を受け取る

    アプリからコンピュータ上でAndroidの通知を表示できます。Wi-FiまたはUSBを使用して接続を作成した後、AceThinker Screen Mirrorを使用して通知を表示確認するダイアログがポップアップします。「今すぐ有効にする」をクリックすると、「通知アクセス」の画面に切り替わり、「AceThinker Screen Mirror」をオンにします。

    enable settings

    Androidスマートフォンを開いた時にも同様に設定できます。アンドロイド端末に「AceThinker Mobile Mirror」をインストールし、メニュータブをクリックします。「設定」を選択し、「デスクトップ通知」を選択し、「AceThinker Mobile Mirror」を有効にして「OK」をクリックしてください。

    author portrait
    Back to top
    Support
    Contact Us